So-net無料ブログ作成
検索選択

トッド・ヘインズ と トッド・ソロンズ [ 映 画 ]


 第64回ヴェネチア国際映画祭で話題になった
 トッド・ヘインズ監督作、「 I’m not there 」
 ボブ・ディランの伝記映画で、主人公ディラン
 を6人の役者がそれぞれ演じる野心作。との事
 ですが、なんだかもの凄く違和感。毎回、人間
 の見たくないものを見せ、触れられたくない所
 に迫る事を生き甲斐かのように映画を作る人が
 伝記映画なんて・・・しかも相手は ディラン。
 しかも前作のユニークな手法そのままに。納得
 いかない・・どんな映画になんだよ、と記事を
 読み、ひとりで熱くなっていたんですが・・・
 ちがった。文句ついでに、レンタルビデオ屋で
 ボブ・ディラン関連映画よくお見かけするので
 特集でもしようかな と思って調べていたら、ソロンズじゃなくてヘインズ。ヘインズ
 かぁ。映画「 ベルベット・ゴールドマイン 」の監督トッド・ヘインズでした。
 あー はいはい。それなら激しく納得。トッド・ソロンズは、主人公の少女を肌の色や
 年齢、性別さえも異なる 8人の役者を使って撮った変な映画「 おわらない物語 」を
 作った人でした。そっちとウッカリ間違えたようです・・・大変申し訳ございません。
 つ〜かややこしいよ。似たような名前で似たような事すんじゃねぇよ。っていうのが
 本音ですが、そこは一発オトナになって、今回も関連の映画を並べて見ました。私も
 ボブ・ディランについては、うん確かにベンジーにちょっと似てる。くらいしか知ら
 ない世代ですゆえ、この映画を観る前に予習がてら見ておくといいかもしれません。
  >> MSNによるヴェネチア国際映画祭 特集
 この映画は審査員特別賞、主演女優賞( ケイト・ブランシェット ← ディラン役で )

 「 アイデン&ティティ 」 ( 2003 / 日本 )
 みうらじゅん原作。田口トモロヲ初監督作。酷評するの恥ずか
 しいくらい評判いい映画なんですが、私は全く駄目でした・・
 退屈レベルじゃなくて、生理的に・・青春映画は大好きなんで
 すけどねぇ。どこら辺がボブ・ディランかというと、バンドを
 やってる主人公の悩みを助けにやってくる、ロックの神様なる
 ものがボブ・ディラン。う〜ん・・・・駄目・・・

 「 ボブ・ディランの頭のなか 」 ( 2003 / アメリカ )
 ボブ・ディランが自ら脚本を手がけ 主演もした音楽コメディ。
 舞台は近未来。刑務所から釈放されたミュージシャンが、カム
 バックを目指すが、政変の渦に巻き込まれていく... という話。
 ねぇこれ絶対面白くないよね?でも出演者超豪華なんだなぁ...
 しかも、よく行くビデオ屋では今だに前面キープの品。いつも
 気になるけど、いつも借りる気がしない。これを機に行くか...

 「 ノー・ディレクション・ホーム 」 ( 2005 / アメリカ )
 マーティン・スコセッシが迫るボブ・ディランのドキュメンタ
 リー。そういえば、ストーンズのドキュメンタリーも撮ってま
 した。>> こちら。 なんか以外。でもコレ面白そうなんです。
 貴重な映像ばかりという事で、amazonのディラン好きのコメ
 ントは、もちろん良かったという意見ばかりですが、なんだか
 興味湧いてくる内容です。彼の事を知らなくても楽しめそう。
.........................................................................................................

 「 おわらない物語 - アビバの場合 - 」 ( 2003 / アメリカ )
  ↑ に書いた、主人公のアビバという少女が 場面ごとに役者が
 変わるトッド・ソロンズの映画。こんな事思いつくのも凄いけ
 ど、やってのけてるのも凄い。しかもファンタジックに。この
 主人公の姿形によって、感情が変化しないかどうかを試される
 感覚・・・いつもの事ながら相当悪趣味。毎回精神的ダメージ
 を受け嫌な気分になるのに、なぜか見てしまう・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。