So-net無料ブログ作成
検索選択
 最近コレ見ました  ブログトップ

2008年 2月 [ 最近コレ見ました ]

ナイン・シガレッツ
ナイン・シガレッツ
メキシコ・スペイン / 2003>

★★★★☆☆
小さなミスと勘違いがドミノ倒しで酷い事態に陥っていくドタ
バタ劇。見た後は何も残らないですが、その場限りで充分楽し
める面白い映画。ある一夜の話って所もミソ。ドタバタ感が出
ていて◎。多少、私のメヒコびいきはあるにしろ、やっぱり、
明快で愛嬌たっぷり。キャラ作りがウマイ気がします。
あるスキャンダルの覚え書き
あるスキャンダルの覚え書き
イギリス / 2006>

★★★★★☆
愚かでミジメで哀れなジュディ・デンチが最高でした。やっぱ
女が孤独になると怖いな、と。女は女同士の語らいがなければ
死んでしまう生物だから。歳を重ねるにつれ特に。これは男よ
りも女が100倍面白く見れる映画です。ある種、男関係ない
話ですからねぇ。男が見てもこの感覚は分からないと思う。
手紙 スタンダード版
手紙
<日本 / 2006>

★★★★☆☆
泣ける映画だと聞いて、構えて見始めたんですが、主役である
山田孝之の辛気くさい濃い顔立ちにムネヤケで正直それどころ
じゃないわ~泣けねぇな~と思っていたのですが、ラストの玉
山鉄二!この人の演技にドッカンきました。涙とまりません。
しかもエンドロールの小田和正がまた・・・泣ける映画です。
ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド スペシャル・エディション
ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド
<イギリス / 2005>

★★★☆☆☆
結合体双生児の2人が相当イイ。いやしかし、これだけの逸材
揃えてこれか~っていう。この際、あえてドキュメンタリー調
で撮った事への良し悪しはおいといて、いやでもやっぱり必要
なかったかなと・・・普通にドラマとしてやってくれた方が、
切ない感じとか、やるせな~い感じ出たかなと・・・無念。
ワサップ!
ワサップ!
アメリカ / 2005>

★★★★☆☆
話題になりませんでしたが、ラリー・クラーク作品の中で1番
好きです、これ。以前には絶対ナイこの爽やかさは何?話の中
身は無いようなものですが、この人の撮るものにドラマチック
さ求めて見てないから、そこはいい。やっぱティーン世代を撮
るウマさ。作り込まれてないこのダラッと見れる感じがイイ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

2008年 1月 [ 最近コレ見ました ]

アヒルと鴨のコインロッカー
<日本 / 2006>

★★★★★☆
ドッキリやハラハラ感は既に原作で堪能済みだったので、もは
やどう見せるのかを重要ポイントとして見てしまったのですが
とても分かりやすくなっていて、良かった。もうちょっと後出
しでもよかったかな~とも思ったんだけど。ただ、原作にはな
い面白さもあって「映画」単独でも勧められる出来に大満足。
unknown/アンノウン
unknown アンノウン
アメリカ / 2006>

★★★☆☆☆
最初の「SAW」を彷彿とさせる設定も、誰が本当は悪なのか
本人達も観客側も分からず探り合いながら話を進めていくとい
う内容も面白かった。ラストの展開も良い。以外な掘り出し物
としたい所だけど、なにかパッとしない・・・最初の設定が面
白いだけに、もっと何か出来そうな気もしてもったいない。
ディパーテッド (期間限定版)
ディパーテッド
<アメリカ / 2006>

★★☆☆☆☆
この手の映画で、この緊迫感の無さは相当の痛手。オリジナル
を知っていたから、3部作をまとめたものだから、では言い訳
にならないくらいの軽い内容に驚いた。これはこれで割り切っ
ハリウッド版として見ればいいのかもしれませんが、そう見
ても満足できるかどうかは不明・・・
ハードキャンディ デラックス版
ハードキャンディ
<アメリカ / 2005>

★★★★☆☆
少女と中年男の密室サスペンススリラー。久しぶりにイライラ
する映画でした。作り手にとっては、してやったりイライラ。
イライラの理由は、悪の対象がどっちなのか分からないまま、
進む展開。全てが分かってからも、時既に遅し。今更スッキリ
できない展開の精神的ダメージの描写に、ある意味高評価。
パフューム スタンダード・エディション
パフューム ある人殺しの物語
ドイツフランス・スペイン / 2006>

★★★★☆☆
ラストの展開は、久しぶりにズッコケタんですけど・・「マグ
ノリア」以来の衝撃かも・・それでも妙な満足感。元々サスペ
ンスですが、主人公が何も語らない(ほとんど無言)ところが
倍面白いし、行き先気になってしょうがない。若干、いや大分
ファンタジー入ってますが、なぜか説得力はある。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

〜 2007 [ 最近コレ見ました ]

それでもボクはやってない スタンダード・エディション
それでもボクはやってない
<日本 / 2007>

★★★★★☆
裁判モノの映画は数あれど、初めて観るタッチで面白かった。
逮捕されてから起きていく理不尽な現実や裁判の様子は、特に
面白い。タイトルで予測はしてたけど、ラストはやっぱり後味
悪い。それでも、この題材で飽きなく面白く見れるのは凄い。
インサイド・マン
インサイド・マン
アメリカ / 2006>

★★☆☆☆☆
銀行強盗グループの完璧な計画。その裏に隠された真実。それ
なりに面白いし、トリックとしても感心する。でも、この手に
必要不可欠の爽快感が何故か全くない。序盤は緊張感あるのに
後半トロすぎ。豪華キャストなのに全体的にパッとしない。
マッチポイント 初回限定版 (特別ブックレット付)
マッチポイント
イギリス・アメリカ・ルクセンブルグ / 2005>

★★★★☆☆
最初に禁断の恋愛モノで興味をそそられ、そのうち、コノ手に
お決まり的な流れになってきたな・・と飽きてきたら、クルリ
と方向転換。切り返しがうまい。でも、何が一番いいかという
とやっぱりラスト。テニスボールと指輪の演出もたまらない。
ストロベリーショートケイクス
ストロベリー・ショートケイクス
<日本 / 2006>

★★☆☆☆☆
性格も職業も違う複数の女達の孤独な日常。「 tokyo.sora 」
と似てる。それにしてもコノ手の内容は、出てくる女達に何ら
か共感できる部分がなきゃ楽しめないようで、田舎育ちだから
か、普通に幸せだからか、今回もまた共感できなかった・・・
ダック・シーズン
ダック・シーズン
<メキシコ / 2004>

★★★★★☆
アパートの一室で起こる、少年2人と隣に住む少女、ピザ屋の
オヤジ、の1日。大きな事件が起こる訳でなく、オチも無し。
でも、なぜか面白い。次の展開が全く予測不可能の、けだるい
4人の様子を見てるだけなのに・・なぜか面白い。オススメ。
フィレーネのキライなこと
<オランダ / 2003>

★★★★☆☆
今考えるとストーリー超くだらないし、ラストもなんだそりゃ
的なのに・・・面白かった!記憶しかない・・なんで?キャラ
の魅力かしら?友人のラーラ(♀)がタイプだったから・・?
原作知らないけど、原作の倍面白い映画になってる気がする。
ハチミツとクローバー ~恋に落ちた瞬間~
ハチミツとクローバー
<日本 / 2006>

★★☆☆☆☆
これ漫画読まずに見て面白いと思うのかな・・読んでても思え
なかったのに。というより、これをよく映画にしようと思った
な、と。するならドラマだろ、と。キャストは問題ない。でも
映画見て、だからなに?ってなるよね?まとめきれてない?
キング 罪の王
キング 罪の王
<アメリカ / 2005>

★★★★★☆
面白い。っていう内容じゃないですが、ひとつの映画として考
えると、面白く、好きな部類の映画。主人公の心の内が全く説
明されないゆえに主人公の悪に隠れて親父の行動が次第に悲劇
でしか終われなくなる。この追いつめられる感じがたまらない
パビリオン山椒魚 プレミアムエディション
パビリオン山椒魚
<日本 / 2004>

★★☆☆☆☆
ついていけず。特に、オダギリジョーがキレはじめる第2部的
後半。キレキャラに変わるとともに話も突っ走っていきます。
サスペンスあり、ミステリーあり、ラブストーリーありのコメ
ディ映画という事でしたが、見事に全て楽しめなかった...
コリン・ファース トラウマ
トラウマ
<イギリス / 2004>

★☆☆☆☆☆
交通事故の昏睡状態から男が目を覚ますところから話が始まり
最初から謎てんこ盛り。それが主人公の幻覚か、妄想か、二重
人格か...そんな感じで進みますが、結局何なのかよく分からな
かったんですけど...なにこれ...なにがトラウマなのかも謎。
フランキー・ワイルドの素晴らしき世界
フランキー・ワイルドの素晴らしき世界
<イギリス・カナダ / 2004>

★★★☆☆☆
クラバーの聖地イビサ島を舞台にした聴力をなくす D J の話。
フジロック前に、ひとり前夜祭!と称して単なるテンション↑
期待だけで見たのに、思いがけずちゃんと映画として成り立っ
ている所に驚き。欲を言えばイビサの雰囲気がもっと欲しい。
トリノ、24時からの恋人たち
トリノ、24時からの恋人たち
<イタリア / 2004>

★★★★★☆
いいですねぇ。見終わった後、あーまさに今こういう映画が見
たい気分だったんだよね、と思わせる映画です。たとえ観る前
は違っても。そうさせる魅力と余韻がある。傑作でも大作でも
ない、こういう映画こそ結局ずっと記憶に残ってしまう。
エリザベスタウン スペシャル・コレクターズ・エディション
エリザベスタウン
<アメリカ / 2005>

★★☆☆☆☆
なにこれよく分からない。ちょっと無理に事を進めすぎじゃな
いですか?これラブコメとして観ればいいのかと軽く観てたら
そうでもないようだし、妙に泣かそうとするし?ラストは音楽
でごまかし気味だし?オチも・・・。なんか気持ち悪い。
ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション
ダ・ヴィンチ・コード
<アメリカ / 2006>

★★★☆☆☆
よくない評判ばっかりが耳に入ってたせいか予想外に夢中に。
畳み掛ける謎解きとどんでん返しに一瞬訳分からん!ってなり
そうでならないようにしてる(?)作戦が正解。なぜなら、謎
の解明も超早い。ミステリーとしてはどうかと思うけど。
ユナイテッド93
ユナイテッド93
<アメリカ / 2006>

★★★★★★
この映画って、★いくつ!って評価すべき映画じゃない気がし
ます...っていうかできん!したけど。でも、実際ものすごく良
く出来ていて驚いた。なにこの緊迫感。心臓バクバクで涙垂れ
流しで、思いっきり感情移入できた。監督に拍手したい。
レイヤー・ケーキ コレクターズ・エディション
レイヤー・ケーキ
<イギリス / 2004>

★★★☆☆☆
ガイ・リッチー監督「 ロック、ストック&~ 」「 スナッチ 」
をプロディースした人の初監督作。やりたい事は分かる。でも
上記2傑作と部類は同じなのに惹き付ける何かがナイ。しかし
これ見てガイ・リッチーの監督としての凄さを改めて感じます。
リトル・ミス・サンシャイン
リトル・ミス・サンシャイン
<アメリカ / 2006>

★★★★★★
ロードムービー大好きです。ロードムービーは、とにかく起承
転結の力量が問われるジャンルだと思ってるのですが、この映
画はそれが完璧。特に、旅中起こるハプニングの配分は絶妙。
期待以上の面白さ。見たあと、こんなに満足したの久しぶり。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
 最近コレ見ました  ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。